わきが体質の日本人が増えているのは食事が原因

わきが体質の日本人が増えているのは食事が原因

わきがの原因は汗ですが、汗そのものが臭っているわけではありません。

 

汗腺にはエクリン腺、アポクリン腺、皮脂腺があります。わきがの原因になるのは、アポクリン腺から出る汗です。汗そのものには臭いはないのですが、汗に含まれる脂質、糖質、アンモニアなどを皮膚に常在する菌が分解して気になる臭いがうまれます。

 

日本人はわきが体質の人が少ないといわれていますが、臭いがきつい人が増えているようです。その原因が食事です。

 

日本人に比べて欧米人はわきがが強いといわれていますが、その原因の一つが肉類や乳製品の多食です。肉類や乳製品には飽和脂肪酸が多く含まれていて、脂肪分の影響でアポクリン腺からの汗の分泌が活発になります。高脂肪で高カロリーな食事がわきがを強くします。日本人もファストフード中心だったり、肉や乳製品の摂取が増えているので、わきがが強くて悩む人もいるようです。

 

わきがを防ぐ食事は低脂肪で低カロリーな食事です。野菜、海藻、穀物、魚などを豊富に含む和食が理想です。

 

野菜や海藻などには抗酸化作用があり、皮脂の酸化を防ぐ働きがあります。食物繊維が豊富で、食物繊維が一緒に食べた脂肪の吸収を抑制してくれます。魚も脂肪分を含みますが、肉類や乳製品と違い血液をサラサラにしたり、細胞膜の原料となってつやつやな肌を作るオメガ3を含んでいます。オメガ3は日本人に不足しがちといわれています。

 

1日の野菜の摂取目標量は350g以上です。外食や加工食品に頼ってしまうと難しいですよね。でも、野菜たっぷりメニューをだす外食店も増えてきているので、そういったお店を見つけるとよいでしょう。温野菜やサラダをプラスすると野菜の摂取量を増やせます。コンビニのお弁当になるときもサラダなどをプラスしましょう。肉と魚のメニューがあるときは魚を選ぶようにします。揚げる、炒めるといった調理よりも、蒸す、煮るといった調理の方が油の摂取量を減らせます。

 

よい食事を心がけるようにすると体の中から変わってくることでしょう。