育毛剤に配合されている植物由来成分の中で注目したいもの

育毛剤に配合されている植物由来成分の中で注目したいもの

薄毛に悩んでいる人は決して少なくありません。通勤中にまだ若いのに地肌が透けている女性や、学生たちを見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

 

薄毛は中年以降の男性だけの問題ではなく、若年層や女性にとっても重要な問題なのです。薄毛になった時の為の心強い味方となってくれるのが育毛剤ですが、ドラッグストアで簡単に購入できるものから、メーカーの公式通販サイトでしか買えないものまで様々なものが流通しています。自分の頭皮に合ったものを使うことが何よりも大事ですが、敏感肌でバリア機能が弱っている人は、なるべく低刺激で負担が少ないものを選んだ方がいいでしょう。無添加で植物由来成分で作られているナチュラルな育毛剤の種類もかなり増えています。中立性が高くて育毛剤に関する知識が確かな比較サイトを参考になります。

 

 

植物由来のエキスで作られている育毛剤で配合されているか確認しておきたいのが、甘草エキスとノコギリヤシのエキスです。甘草は漢方薬の一種としてその抗炎症作用の高さから、昔から咳やのどの痛みを治療する目的で使われてきました。身体に良くても本当に抜け毛を抑える効果があるものなのか気になるという人も、漢方医学の立場から確かな評価をされてきた植物なので信頼しても大丈夫です。甘草エキスの中に存在しているグリチルリチン酸が頭皮の炎症を早めに鎮めてくれるので、頭皮の状態も正常化します。グリチルリチン酸はかゆみも抑制するので、頭皮がむずがゆくてついかきむしってしまう人も、肌荒れを起こしにくくなります。甘草エキスは抗酸化成分も多いので、頭皮のエイジングケアをすることも可能です。

 

 

 

もう一つの注目したい成分であるノコギリヤシエキスですが、こちらはAGAの原因として有名な酵素の働きを低下させる効果を持っています。育毛剤以外にもサプリメントとしても広く販売されているので、内側から薄毛対策をしたい人はサプリメントという形で摂取するのも有効です。